So-net無料ブログ作成
検索選択
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

ごめんね、きり [インコ]

昨日は網戸越しにひなたぼっこをさせて、その間にアクリルケースの扉を外してレース生地に取り替えて真夏仕様に。
そして放鳥時間。新しくゲットした鳥柄のコップに3羽の大好きな紫蘇を入れてお披露目。

120721.jpg

写真はきりが食べてるところが撮れませんでしたが、やっぱりガラスとかなら全然怖がらなくて真っ先に食べに行ってました。葉っぱをレロレロしてたので水が飲みたいのかなぁって茎についた水滴を飲ましてあげました(水は1cmくらいしか入れてなかったので)
ぽぷも紫蘇に頭を突っ込んでたので「水浴びしたいのかな?お皿に入れ替えようかな?」ってしばらく見てたらすぐにやめたので、きりの落下防止のためにレース生地を垂らしてかごの掃除を始めました。
掃除が終わってきりを確認したら、レースの生地をはみはみしてたので「あんまりこっちに来るとレースの間から落ちるよ」って言いながらくちばしをツンツンって指でつついて遊び場を背にちょっと急ぎの仕事をしてました。
10分ほどしてそろそろきりをおうちに戻して、らるを出してあげようと遊び場を見たらきりがコップに頭を突っ込んで動かなくなっていました。
慌てて水から出して人工呼吸もどきを少ししてみましたが、やっぱりもうダメで。
1mくらいのそばにいたけど、まったく異変に気付きませんでした。
「ぽぷ、なんで助けを呼んでくれなかったん?」ってぽぷを責めたり。
まだあったかくて、ふわふわで、いつものきりで、でも初めて頭までぐっしょり濡れててすぐに目を覚ましそうでずっとほっぺをカキカキしてました。

なんで新しいコップなんか使ったのか、なんであの時水浴び用のお皿に替えなかったのか、なんで目を離しちゃったのか。。。

ぽぷやらるは昨日きりがいないことに気づいてない風で、普通にご機嫌にちゅるちゅるさえずってました。
放鳥時間も終わって遊び場を片付けてて、きりのために敷いている毛布やバスタオルを見て、「あぁ、もういらないんだなぁ」とか、ぽぷやらるがおうちに帰ってから、またきりだけを出してぽぷらるのかごの上で遊ばせたりも、もうなくて。
そのあとは時間がある時は指に乗せて寝転がって(落下すると危険なので床ぎりぎりのところで乗せてました)、きりが羽づくろいしてるのを嗅いだりしてまったりするのが最近の至福の時でした。
きりだけは1日5回ほどに分けて餌をあげたり、色んな事がきり中心の毎日だったことが、きりがいなくなってから1日以上たって改めて思い知らされました。ぽぷとらるだけの世話だと、なんてシンプルなことか。
だけどそれを大変と思ったこともないし、むしろたくさんスキンシップが取れて、私の幸せでした。

きりは生まれてから一度もちゃんと飛べたことはなかったけど、今頃は虹の橋でせいやりんと一緒に飛び回ってるかな?
足は少し悪かったけど、元気で食欲も旺盛で、ぽぷに会いたくてかごの中であばれたり、らるといっぱいケンカしててもっともっと3羽で一緒に居たかっただろうに、死なせてしまってごめんね。苦しい思いをさせてごめんね。



今日になって、ぽぷとらるがきりの居ないことに気付き始めたようで、朝はしばらくご飯を食べなかったり、放鳥時きりを探していたのか、らるが初めてリビングの方に飛んできたりしてました。
ぽぷが「きりにいたんどこ?」って目でじーっと私を見てくるのが辛くて。

まだまだきりと一緒に居たいけど、明日火葬場に行ってきます。
nice!(16)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 7

capriccioso

はじめまして。
ブログ村から来ました。
私もセキセイインコを飼っています。

このたびの事故、心痛お察しいたします。
じつは私も少し前、コップの事故を起こしかけました。
それもちゃんと見ている目の前で、です。

あっという間の出来事でした。
コップに逆さに刺さったような状態で
瞬間、何が起こったのか理解出来ませんでした。
幸い、中に入っていたのが冷たいお茶だったのと
すぐに引っ張り上げることが出来たので
大事には至りませんでしたが、
以後、放鳥時にはコップにフタをすることに決めた次第です。


きりさん、本当に残念なことになってしまって…
管理人様は御自分を責めて悔やまれている御様子。
今は悲しみで心に余裕が持てないかもしれませんが、
きりさんが身をもって大切な事を教えてくれた、と考えて
どうか今後に生かしてあげて欲しいと思うんです。

小さな“相棒”と生きていて
無駄なことは何一つない、と私は考えます。
私も亡くした“相棒”に色々教えてもらって
ここまでやってきました。
管理人様もどうか、きりさんとのこれまでの生活を
どうか今一緒にいる仔たちのために役立ててあげてください。
そうすることでこれからもずっと
きりさんは管理人様のそばに居られることになると思うのです。


初めてのコメントなのに
長々と説教がましいことを連ねてしまって
ごめんなさい。
でも、同じような事故を起こしたことのある身として
他人事のように思えませんでしたので…。
by capriccioso (2012-07-22 23:50) 

ゆみじん

さぞご心痛のこととお察しいたします。コップでそんな事故があるとは知りませんでした。まさか、の事態ですね。
「なぜあの時こうしなかったんだろう」と後悔の念に苛まれることと思いますが、小鳥さんは想定外の行動をしがちなので仕方なかった部分もあると思います。
私の場合、完全に私の不注意でルルを行方不明にしてしまい後悔と涙の日々でしたがリコの為に元気にならねばと思い直し普通の生活に戻ることができました。
ぽちょむきんさんもぽぷさんとらるさんのために元気なおかあさんに戻ってあげてくださいね。ゆっくりと・・
きりさんのご冥福をお祈りします。
by ゆみじん (2012-07-23 08:03) 

ヒデシャン

すじ母さんのブログ記事を見て、慌てて飛んで来ました。
なんてことなんでしょうか・・・
ぽちょむきんさんの自分を責める気持ちは、飼い主なら誰でもわかりますが、あまり責めないで下さい。
今は、どんな慰めの言葉も、この悲しみを癒してくれることはないでしょう。
どうか、おもいっきり悲しんであげて下さい。涙が枯れるまで泣いてあげて下さい。
でも、その後は、きりちゃんのためにも笑顔を1日も早く取り戻してください。
この11年間のきりちゃんとの生活は、これからも一生の思い出ですものネ。大切に笑顔で思い出せるように・・・

インコーズからも心からご冥福をお祈りいたします。
by ヒデシャン (2012-07-23 14:51) 

れおん

きりちゃん、突然のことでびっくりしてしまいました。
あまり、ご自分を責めないでくださいね。
いまは、とってもツライと思いますが、
いっぱい涙を流したら、きりちゃんのためにも、
ぽふちゃん、らるちゃんのためにも、笑顔を見せてあげてくださいね。
いまごろは、虹の橋でぴのと出会って、お友達になってくれているといいなぁ。
ご冥福をお祈り申しあげます。
   

by れおん (2012-07-23 18:06) 

すじ母

昨日はメールするのが精いっぱいで・・・。
夜、更新されているのを確認したのですが、コメントできませんでした。
ぽちょむきんさんの心中を察すると、本当に苦しくて辛くて・・・。

事故は誰にでも起こし得るものです。
本当にちょっとの差なんですよね・・・。どんなに気をつけていても
1秒も目を離さずにいることはできないのですから・・・。
今回は本当に不幸な出来事で、後悔してもしきれないのはすごくよく
わかります。でもどうかあまりご自身を責めないでほしい。。。
先程書いたように、本当に本当にほんの少しの差なんですよね。
色んな偶然とかタイミングとかが、たまたまぴったり重なってしまった
だけだと思うんです。

きりちゃんとの楽しくて幸せな日々は真実ですから。
ぽちょむきんさんのことをきりちゃんは今だって大好きですよ!
いつまでも悲しんでいると、きりちゃんがお空から心配しますよ。ね。
どうか少しずつでも笑顔になれますように・・・。

きりちゃん、ぽちょむきんさんを見守っていてあげてね。
いつまでも大好きだよー!!きりちゃんのこと、絶対に忘れないからね。
たまにはうちに遊びにおいで。すじとトリジが待ってるよ。
by すじ母 (2012-07-24 00:37) 

KIM

ただただ、きりさんのご冥福を祈るばかりです。

ぽぷちゃんとらるくんのためにも、あまりご自分を責めず、ご自愛ください。
by KIM (2012-07-28 02:19) 

ぽちょむきん

capricciosoさん、ゆみじんさん、ヒデシャンさん、れおんさん、すじ母さん、KIMさん、お気遣いありがとうございます。
まとめてのお返事すみません。

コップでの事故、一応知っていましたし注意もしてるはずでした。水をあまり入れてなかったのはそのせいなんですが、逆に水が飲みたくて?きりは落ちちゃったんですよね、きっと。葉っぱが入っているし、今までも大丈夫だったというので慢心してました。

私も今までの鳥さんから少しずつ勉強してきて、いつもお別れの時は後悔して反省してきました。そして命にかかわらなかったけど、危ない事故も起こして反省することも。でもそういうことはだんだん気がゆるんじゃうんですよね。
この1週間の間にも、ぽぷが遊び場のひもにちょっと足を取られているのを見かけました。あまり慣れていないので下手に手を出すとさらにパニックになるので見守っていたら自分で外していましたが、これも以前首にひもが絡まって反省したことです。
きりが教えてくれたこと。「油断をせずにちゃんと見守る」ってことをしっかり実行して行こうと思います。
by ぽちょむきん (2012-07-29 12:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。ぽちっとな♪